2020.07.20

【オーナー様向け】国土交通省による《入居者の意識調査》

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

こんにちは。貸したいサポート関西版です。

国土交通省のページを見ていると、「平成30年度マンション総合調査結果(平成31年4月26日公表)」という資料がありました。

本日はその中でも、区分所有者向けの調査の結果に焦点を当てて解説します。

「入居者が引越しを考えているのか」といった情報から「自分以外のマンションはどれぐらいリフォームしているのか」といった情報まで、幅広く役立ちそうな情報をピックアップします!

入居者に関するデータ

まず、入居者に関するデータをピックアップします。

世帯主の年齢は?

60歳代が27%で一番多い結果となりました。次点では50歳代が24.3%です。その次は70歳代で19.3%です。

つまり、マンションやアパートなどの入居者の世帯主は60歳以上が過半数を占めるという結果になりました。

間取りや設備などを考える際に少しだけ考慮した方がいいかもしれません。

専有部のリフォームに関するデータ

専有部分におけるリフォームは、45.3%が実施。53.8%は実施していない。という結果になった。

さらに、リフォームを実施している中でも「クロスやフローリングの張り替え」の割合が32.2%と多い結果になりました。次点は「設備の変更」で28.5%となりました。

リフォームをされる際は、この2点がポイントかもしれないですね。

入居者のニーズがそこにあることを示しているとも言えますね。

入居者は今後住み続ける予定なのか?

こちらも国土交通省によるデータがありました。

全国のデータについてお話しした後、近畿地方に限定したデータについてもお話しします。

入居した当時の今後に対する意識

入居した当時、入居者は今後の住宅をどのように考えていたのでしょうか。

全国的に「永住するつもりだった」が54%、近畿地方では48%という結果が出ました。

近畿地方に絞っても、大きな差はありませんでした。

現在の今後に対する意識

では住み続けた結果、どのように意識が変わったのかを見ていきます。

全国的に「永住するつもり」が62.8%、近畿地方では61.4%という結果になりました。

この結果はオーナー様にとって嬉しいものですね。

まとめ

本日は国土交通省による、オーナー様向けの資料を少しだけピックアップしました。

「永住するつもり」という意識の割合が、入居した当時より多くなっていましたね。

つまり、管理などの面で入居者の満足度を維持できれば、永住してもらえる可能性が高くなります。

貸したいサポート関西版では、オーナー様の力になる管理会社を多数掲載しておりますのでぜひご利用ください。

簡単一括お問い合わせでは、無料でご連絡いただいた物件や希望条件に合わせて管理会社を紹介させていただきます。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0
貸したいサポート関西掲載店舗募集中

新着記事一覧

貸したいサポートについて

貸したいサポートは関西(大阪・兵庫・京都)の分譲マンション、一棟マンション、一棟アパート、一戸建て、テナント(店舗・事務所)、土地等の所有者様、オーナー様の為に当社の審査基準を満たした複数の賃貸管理会社より管理費、管理内容のお見積りや専任客付けの依頼をお申込み出来るサービスです。 いくらで貸せるのか知りたい、賃貸管理会社を探している、長期間の空室で困っている、出来るだけ高く貸したい、入居者トラブルで困っている…など賃貸経営にある悩み事を解決するお手伝いを致します。 複数の賃貸管理会社に完全無料でお見積り依頼出来ますので管理費、管理内容を比較して所有者様、オーナー様に最適な賃貸管理会社をお選びください。 また、各賃貸管理会社の特徴や強みをまとめた特集ページをご覧いただき、気になられた会社を指定して賃貸管理や客付け業務等のお問い合わせをすることもできます。(完全無料) 貸したいサポートは、関西トップクラスの管理会社社数の情報を掲載し、管理会社をお探しの分譲マンション、一棟アパート、一棟マンション、一戸建て、テナント(店舗・事務所)、土地等の所有者様、オーナー様を全力サポートします。

管理会社選びでお困りの方へ

貸したいサポートが希望にあった管理会社を無料でお探しいたします

一括お問い合わせスタート