2020.06.19

初めてサブリースに関する規制法律ができました!

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

2020年6月12日に、サブリースに関する新法が成立されました。

サブリースに関する規制は初めての事です。

様々なトラブルが報告されてきたサブリース契約ですが、オーナー様を守る内容となっておりますので、ぜひご確認ください。

サブリースとは

不動産管理会社などが、オーナー様の所有物件を借りてマンション経営を行うことを指します。

契約内容として、「オーナー様には入居率8割ー9割程の家賃分を支払い、礼金や契約香辛料などはサブリース会社が受け取る」というものが一般的です。

メリットとしては、マンション経営に関わらなくても一定の収入が得られるという点です。

デメリットは、家賃以外の収入源が減ってしまうことです。また、「経年劣化が起こると指定の業者でリフォームをしないといけない」という契約もあるので、リフォーム費が多くかかるケースもあります。

サブリースに関する新法の内容

2020612日に成立した新法は、サブリースに対して初めての規制です。

背景として「突然家賃の減額が言い渡されてオーナー様の資金繰りが困窮した」と言ったことや、国土交通省の調査による「オーナー様に対する、将来の家賃の変動や減額リスクなどの説明をしている事業者の割合」が6割程だったことがあると考えられます。

新法ではこのようなトラブルを防ぐために、「絶対に儲かる」などの誇大広告を禁止することにしました。

さらに、重要事項の書面での説明に「家賃の変動リスクについて」と言った項目を義務付けることになりました。

これに違反した場合、罰則などが設けられます。

もう一つの新法

サブリースに関して、規制と共にもう一つ成立した内容があるので紹介します。

それは、「サブリース事業者を含む賃貸住宅管理業者の国への登録を義務付ける」という内容です。

以前までは登録は任意で行うものでしたが、義務に変更になりました。

まとめ

サブリースはオーナー様にとって、「楽で一定の収入が得られるもの」です。

しかし、その裏で様々なトラブルが発生してきました。今回の新法成立によって「家賃の減額リスクについての説明」が義務化されました。

この法律によって、オーナー様が間違った判断をする可能性は低くなったと思います。

サブリース契約は楽ですが、収入が減るのも事実です。

少しでも時間に余裕のある方は、管理会社を探して自身で経営されるのが多くの収入を得られるコツです。

貸したいサポートでは、時間のないオーナー様のお力になりたいと考えております。

簡単一括お問い合わせで、当サイトからお客様の物件に適した管理会社様を紹介いたしますのでぜひご利用ください。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0
貸したいサポート関西掲載店舗募集中

新着記事一覧

貸したいサポートについて

貸したいサポートは関西(大阪・兵庫・京都)の分譲マンション、一棟マンション、一棟アパート、一戸建て、テナント(店舗・事務所)、土地等の所有者様、オーナー様の為に当社の審査基準を満たした複数の賃貸管理会社より管理費、管理内容のお見積りや専任客付けの依頼をお申込み出来るサービスです。 いくらで貸せるのか知りたい、賃貸管理会社を探している、長期間の空室で困っている、出来るだけ高く貸したい、入居者トラブルで困っている…など賃貸経営にある悩み事を解決するお手伝いを致します。 複数の賃貸管理会社に完全無料でお見積り依頼出来ますので管理費、管理内容を比較して所有者様、オーナー様に最適な賃貸管理会社をお選びください。 また、各賃貸管理会社の特徴や強みをまとめた特集ページをご覧いただき、気になられた会社を指定して賃貸管理や客付け業務等のお問い合わせをすることもできます。(完全無料) 貸したいサポートは、関西トップクラスの管理会社社数の情報を掲載し、管理会社をお探しの分譲マンション、一棟アパート、一棟マンション、一戸建て、テナント(店舗・事務所)、土地等の所有者様、オーナー様を全力サポートします。

管理会社選びでお困りの方へ

貸したいサポートが希望にあった管理会社を無料でお探しいたします

一括お問い合わせスタート