2020.06.5

アフターコロナで不動産の価値が変わります

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0

 

現在、新型コロナウィルス(COVID-19)は世界的に猛威を奮っています。

その影響で日本では「不要不急の外出を控える」「三つの密を避ける」「ソーシャルディスタンス」というような様々な言葉が広まりました。

その中でも「テレワーク」に注目し、今後の不動産の価値がどのように動くか予想します。

このテレワークの影響で、所有している不動産が安定しなくなる可能性もあります。

テレワークとは

一般社団法人 日本テレワーク協会によると、情報通信技術(ICT)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことです。

テレワークにも「在宅勤務」「モバイルワーク」「サテライトオフィス勤務」といった種類がありますが、この記事ではテレワーク=在宅勤務という前提で話をします。

テレワークの影響

新型コロナウィルス感染拡大防止の為、出社率の削減を行う企業が多くありました。また、テレワークを導入した会社も少なくはありません。

テレワークを経験した人からは、継続して欲しいという声があります。

株式会社リクルート住まいカンパニーが5月22日に、”「新型コロナ禍を受けたテレワーク×住まいの意識・実態」調査発表”という記事を出しました。これによると、会社員/公務員の47%がテレワークを実施しており、昨年11月と比較して30ポイント増加しています。

さらに注目したい調査結果は、「引き続きテレワークを行う場合、テレワーカーの48%が間取り変更を希望し、24%が現在の家からの住み替えを希望している状況」「今後もテレワークを継続したいテレワーカーの割合は84%」というものです。

不動産の価値が変わる

コロナ禍の影響でテレワークの導入が進み、約50%の社会人がテレワークに移行しました。

その内84%がテレワークを希望し、70%以上の方が住宅について変更を考えているというデータが明らかになりました。

まとめ

上記のテレワークに置ける、部屋や住居についての考えが少しずつ変わり始めています。「不動産投資は安定しているから大丈夫」といった考えは危険です。今一度不動産の運用に目を向けてみるべきではないでしょうか。

貸したいサポートでは、様々な特徴をもった管理会社を掲載しています。

所有している物件によって相性があるので、現在の管理会社と合っていないかもしれないと思った方はぜひご利用ください。また掲載している管理会社は、当サイトスタッフによる取材を通じて信頼できる会社を掲載しています。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0
貸したいサポート関西掲載店舗募集中

新着記事一覧

貸したいサポートについて

貸したいサポートは関西(大阪・兵庫・京都)の分譲マンション、一棟マンション、一棟アパート、一戸建て、テナント(店舗・事務所)、土地等の所有者様、オーナー様の為に当社の審査基準を満たした複数の賃貸管理会社より管理費、管理内容のお見積りや専任客付けの依頼をお申込み出来るサービスです。 いくらで貸せるのか知りたい、賃貸管理会社を探している、長期間の空室で困っている、出来るだけ高く貸したい、入居者トラブルで困っている…など賃貸経営にある悩み事を解決するお手伝いを致します。 複数の賃貸管理会社に完全無料でお見積り依頼出来ますので管理費、管理内容を比較して所有者様、オーナー様に最適な賃貸管理会社をお選びください。 また、各賃貸管理会社の特徴や強みをまとめた特集ページをご覧いただき、気になられた会社を指定して賃貸管理や客付け業務等のお問い合わせをすることもできます。(完全無料) 貸したいサポートは、関西トップクラスの管理会社社数の情報を掲載し、管理会社をお探しの分譲マンション、一棟アパート、一棟マンション、一戸建て、テナント(店舗・事務所)、土地等の所有者様、オーナー様を全力サポートします。

管理会社選びでお困りの方へ

貸したいサポートが希望にあった管理会社を無料でお探しいたします

一括お問い合わせスタート